会社を退職するなどして、独立して事業を始めた場合は、税務署に開業届を提出します。
正式名称:個人事業の開業・廃業等届出書
提出時期は、事業を開始した日から1ケ月以内となっていますが、遅れても提出してください。
事業を始めたということを明確にしておくのは、とても重要です。
その時に、青色申告承認申請書も同時に提出した方がよいです。

また、これはご存じない方が多いですが、
開業届や青色申告承認申請書を提出するときには、
コピーを取って、税務署の窓口で本紙とコピーと両方とも提出します。
受領印を押してコピーの方を返してくれますので、大切に保管してください。
銀行からお金を借りるときや事業主として契約をするときに、「税務署の受領印付き」の開業届や青色申告承認申請書を要求されることがよくあります。そのときに慌てても簡単には手に入りませんので、ご自分で用意しておくことが重要です。

石田力税理士事務所では、個人事業の開業手続き、スタート時の資金調達(銀行借入)、初めての確定申告、記帳、節税などについての相談を多数いただいております。
また、各種手続きの代行も致します。プロが手続きしますので余計な心配を抱える必要がなく、安心して事業に専念していただけます。