青色申告には税金の優遇措置がいくつかありますが、その最大のメリットは「65万円の特別控除」です。

通常の白色申告の場合は、収入金額から必要経費を差し引いて所得(利益)を計算し、それを基準にして税金の計算がされます。しかし青色申告の場合は、そこから特別控除として最大65万円を控除することができます。

節税したいからといって経費で65万円増やそうとした場合、当然その分の現金が手もとから出て行ってしまい資金が苦しくなります。しかし特別控除であれば現金が減らないまま65万円を利益から引くことができます。利益に対して税金がかかりますので、利益が少なくなれば税金も少なくなります。

青色申告で確定申告するときに65万円の特別控除を使うことができれば、所得税だけでなく、住民税も安くなります。また、国民健康保険も所得について同じ計算方法を基準にしますので、こちらも安くなります。この3つの効果は非常に大きいです。

青色申告にしたい場合は、まずは青色申告の承認申請書を期限内に所轄の税務署に提出することが必要です。
そして、青色申告の65万円特別控除をするためには、正規の簿記の原則に基づいた帳簿作成をして貸借対照表を提出しなければなりません。

簿記の知識のある人なら、手書きかエクセルで自力で作ることは可能です。(しかし、かなり手間と時間がかかります。)
簿記の知識の無い人が自力でやるのは不可能に近いです。
簿記の勉強して、領収書を整理して、手書きで帳簿つけて、、、気の遠くなるような時間と根性が必要です。しかし、それでも間違えることが多いので、税金の申告を間違えてしまいあとから罰金を払うことになります。

その労力と時間とストレスに比べたら、記帳代行サービス月1万円でまかせた方が、楽だし間違いが無くて安心だし、と考える人もたくさんいて、お手伝いさせていただいております。

一方、税理士にお金を払うのはどうしても抵抗がある、という方には会計ソフトをおすすめします。

マネーフォワード(MFクラウド)、Freee(フリー)などのクラウド会計ソフト、みんなの青色申告(ソリマチ)、やよいの青色申告(弥生)など私自身もこれらのソフトを使っていて、その便利さを実感しています。

石田力税理士事務所では、クラウド会計ソフトの導入支援、記帳サポート、節税効果の高い確定申告サポートをおこなっています。
お気軽にご相談ください。お問合せはこちらです