消費税増税で税率が10%になると同時に、一部の品目などは軽減税率ということで8%のまま据え置かれることになります。
売る側は、販売時にレジで「これは8%」「これは10%」という形で処理して、その結果がレシートに正しく表示されることが必要です。

最近この軽減税率に対応したレジについての補助金(1台上限20万円)のコマーシャルがよく流れていますが、その中で「仕入税額控除」という聞きなれない言葉が出てきます。

仕入税額控除とは何でしょうか。

税務署に消費税を納める事業者(課税事業者)は、売上でお客様から受け取った消費税をそのまま納めるのではなく、仕入れや経費などで支払った消費税を差し引いて計算します。
その差し引くことを「仕入税額控除」と言います。
これをしないと納め過ぎになってしまいますので、レシートを見て差し引く消費税を正しく計算して、そのレシートを保管しておくことが重要です。

これまでは税率が1つでしたので課税と非課税を注意するだけでよかったのですが、軽減税率が始まると、課税非課税の他に、「これは8%」「これは10%」というのを正しく区分する必要があります。
そのため、これまで以上に注意深く経理処理をしなければなりません。

買う側は、消費税の仕入税額控除の計算をするときに、8%で買ったものと10%で買ったものを分けて集計しますが、品目を見ただけでこれは8%か10%かというのを正しく判断するのは難しいですので、きちんと区分表示されたレシートがないとこの計算ができません。
なので販売側は軽減税率に対応したレジを導入することが必要です。

補助金は申請制限が厳しく手続きも複雑ですので、早めに手続きされることをおすすめします。

参考)軽減税率対策補助金
http://kzt-hojo.jp/applicant/about/