6月になると、いろんな税金の通知が届きます。
これらは今年の初めに確定申告した内容に基づいて送られてきます。
その中で、住民税、事業税、国民健康保険は、前年の所得を基に計算された、確定額です。

もうひとつ、予定納税というものがあります。
予定納税は、前年の実績を基に今年の納税見込額(予定納税基準額)を計算して15万円以上となった場合に、それを3回に分けて納付するという前提になっています。
その3回は、7月、11月、確定申告です。
7月と11月は前払いで、そのあと確定申告で年間の所得税額を確定させて、その時に前払い分を精算します。正しく精算するために、予定納税額を確定申告書にご自身で忘れずに記入してください。

予定納税は減額申請ができます。
予定納税額は、前年の経常的な所得が今年も同じようにあるだろうという見込みで算出されたものですので、もしも今年の所得が前年よりも減る場合は、6月30日時点の現況で見積もった金額で減額申請をすることができます。
業績不振で利益が減る場合だけでなく、個人事業から会社にした(法人成り)ため個人事業の所得がなくなる場合、外資系企業のRSUなどがたまたま前年に発生した場合その他それぞれの状況によって対象となる場合があります。
予定納税の減額申請書の提出時期は7月1日から7月15日までと期間がタイトですのでご注意ください。今回見送った場合は、11月に第2期分のみの減額申請もできます。